since 2007.3.3  

Peru 32m

Telescope

HOME

ペルーの電波望遠鏡を支援する会


 HOMEへもどる  アップデート情報  募金の状況  これまでの活動  新聞、雑誌、掲載記事  ペルーのこと知りたい!  ペーパークラフト  

郵便振り込み

口座番号
00130-9-629889

口座名義
ペルーの電波望遠鏡を
支援する会


ペルーの電波望遠鏡を支援する会
=CONTENTS=

●トップページ

●アップデート情報


 4月3日ペルー日本友好の日 

 

「ペルー日本友好の日」は、初めて日本からペルーへ移住者が到着した日を記念にしています。

1899年(明治32年)2月27日、日本人移民790人を乗せた第1回移住船「佐倉丸」(日本郵船会社)が横浜港からペルーに出港しました。ひと月余りの船旅を経て、4月3日にペルーのカヤオ港に到着しました。

移住90周年にあたる1989年(平成元年)、アラン・ガルシア大統領政権下のペルー政府が、4月3日を「ペルー日本友好の日」とする法律を制定しました。以来、ペルー国内において慰霊祭などの記念行事が行われています。



リマちゃん と さくらちゃん

移住100周年にあたる1999年2月(平成11年)、横浜みなとみらい21地区の一角にある臨港パークに、記念石像の「リマちゃん」が設置されました。(写真:右)


右手を差し出したリマちゃん像の横には「リマちゃんと握手」「!HOLA AMIGOS!こんにちは アミーゴス」と書かれており、訪れた多くの方が、リマちゃんと握手をしています。

リマちゃんはペルーの方角を向いて海を見つめています。

リマちゃん

 
さくらちゃん

一方、ペルー・リマ市にある日本秘文化会館(ペルー日本人協会)入り口にも、同じような移住50周年を記念した石像が設置されています。(写真:左)

名前は「さくらちゃん」。千羽鶴を首にかけて、リマちゃんと同じポーズで右手を差し出しています。


リマちゃん と さくらちゃん。


広い太平洋をはさんだ一対の姉妹像は、これからのペルーと日本の友好の輪を広げ、一層の発展を暖かく見守っていくことでしょう。



横浜のリマちゃん像の横にある説明書きです。

  日本人ペルー移住100周年記念像「リマちゃん」

1899年2月27日第一次航海船佐倉丸は日本人790名の夢を乗せて横浜を出航し同年4月3日ペルーの首都リマ市の外港カヤオへ到着、移住第一歩を○○とした。以来、日本とペルーの友好関係は両国の人々の心で深く結ばれています。1989年には移住50周年記念像「さくらちゃん」が両国の子ども達をはじめ“こんにちは ・アミーゴス募金”の活動によって、リマ市の日秘文化会館内に建立されました。「さくらちゃん」の小さな手はたくさんの人々と握手をしてきましたが、その妹像「リマちゃん」も太平洋へ向かって手を差し出し小さな手と手の100年目の握手が夢の架け橋をなるよう願っています。移住先駆者の○○を○り、21世紀へとつづく日本とペルーの友好を願ってみなさまも「オーラ・アミーゴス」と笑顔でリマちゃんと握手をしてください。
「リマちゃん」○○○の丸石は日本人入植地のカニュテ海岸の自然石です。1999年2月○日 こんにちは・アミーゴスの会  

恐れ入りますが、○部分の文字をおわかりの方がいらっしゃいましたら、お教え願えればありがたく存じます。

 

基礎知識のページへ戻る


 HOMEへもどる  アップデート情報  募金の状況  これまでの活動  新聞、雑誌、掲載記事  ペルーのこと知りたい!  ペーパークラフト   

Copyright 2004-2007,Supporting Group for the 32m Antenna in Peru. all rights reserved.